疲れた身体を早く回復する簡単な方法

表参道鍼灸マッサージ治療室 自然なからだは豊富なメニューが人気

03-6419-7213

〒107-0062 東京都港区南青山6-12-11 YUKEN南青山302

営業時間/火曜日~金曜日 11時~20時(最終受付19時)
土曜日 10時~19時(最終受付18時)
 定休日/日曜日、月曜日、祝祭日

疲れた身体を早く回復する簡単な方法

身体の休め方,自然なからだのブログ

2019/07/29 疲れた身体を早く回復する簡単な方法

 

 

あなたは休憩時間にどんな休み方をしていますか?

身体に疲れを感じた時、あなたはどんな休み方をしていますか?

 

座ってゆったり休んだり、机に伏せて寝る人も居ると思いますが、身体を休める一番良い方法は横になることです。

 

 

ぜひ横になりましょう!

もし休む時間が少しとれて、横になれる場所があれば、人目を気にせず横になりましょう!

 

身体をめぐる血液は、心臓のポンプ機能を主な原動力として動いています。ということは、身体が縦の状態だと重力に逆らって心臓に血液を戻さなければいけないので、沢山の力を使うことになります。

 

しかし、身体を横にすると、下から上に血液を引き上げる必要がなくなるので、少ない力で血液をめぐらせることができます。

 

直立不動は体に悪い??

面白いエピソードがあります。

 

昔、歯医者さんって立って治療をしていましたよね?でも今は患者を横にして、先生は座って治療することが多いと思いますが、なぜだかご存知ですか?

 

実は昔、歯科医の平均寿命は他の職種に比べて短かったそうです。そして調査研究の結果、立ち仕事が心臓に負担をかけていることが分かったのです。

 

心臓は、心臓自身のポンプ機能だけでなく、身体を動かした時の筋肉の収縮でも血液を押し動かしています。

 

だから立って歩いていれば、そんなに心臓には負担にならないのですが、立ったまま身体を動かさないと、心臓だけで血液を回さなければいけません。高低差のある足先から心臓までの距離を心臓だけの力で血液を押し上げなければいけないので、身体への負担が大きいのです。

 

その後、歯医者さんは座って治療するようになり、寿命を取り戻したそうです。

 

このエピソードは上野正彦先生の『解剖学は面白い』という本に書いてあり、とても面白いなと思いました。

 

 

ということは、休む時も身体を横にした方が心臓への負担が少なくなるなと思い、自分でもやってみたら、疲労の回復力が全然違うんです。

 

ですから、もし周りが許すなら、休み時間はぜひゴロリと横になってみましょう!

 

 

 

 


 

 

 

疲れがひどい時には、プロに治療してもらいましょう!

ストレス・自律神経改善コースがお勧めです。

詳細は下のリンクをクリックして下さい。

表参道の鍼灸院【表参道自然なからだ】
 

 

 

 

■■―――――――――――――――――――――――――
表参道鍼灸マッサージ治療室 自然なからだ
電話番号 03-6419-7213
住所 〒107-0062 東京都港区南青山6-12-11 YUKEN南青山302
営業時間 火曜日~金曜日 11時~20時
(最終受付19時)土曜日 10時~19時(最終受付18時)
定休日 日曜日、月曜日、祝祭日
―――――――――――――――――――――――――■■

TOP