東洋医学とは?|南青山にある表参道自然なからだ

表参道鍼灸マッサージ治療室 自然なからだは豊富なメニューが人気

03-6419-7213

〒107-0062 東京都港区南青山6-12-11 YUKEN南青山302

営業時間/火曜日~金曜日 11時~19時(最終受付18時)
土曜日 10時~18時(最終受付17時)
 定休日/日曜日、月曜日、祝祭日

東洋医学とは?|南青山にある表参道自然なからだ

自然なからだのブログ,手塚院長のブログ,東洋医学で毎日健やか

2020/09/27 東洋医学とは?|南青山にある表参道自然なからだ

東京の南青山、表参道駅近くにある鍼灸マッサージ治療室<自然なからだ>の広報担当 からだつぼみ です。

 

 

 

よく東洋医学という言葉は耳にすると思います。でも実際に「東洋医学って何?」って聞かれると、もやっとしか答えられない私・・・。

 

そんな時は院長に聞いてみようと思います(^^;)

 

 

東洋医学って何ですか?と聞かれてマゴマゴしてしまいました・・・

院長の手塚です。

 

先日、いつも通って下さっている患者さんから「基本的なことを聞いていいですか? 東洋医学って何ですか?」とマジマジと聞かれました。

 

「東洋医学の専門家です!」と標榜しておきながら、スキっと答えらず、「あの、その・・・」とダラダラとした説明になってしまったので、「これはいかんな~」と思い、ちょっとまとめてみようと思いました(^^;)

 

 

東洋医学とは?

東洋医学という言葉は、明治の半ばぐらいから用いられ、当時は中国発祥の医学、そしてそれが日本に導入され、日本独自に発展した医学を差していました。

 

 

現在では西洋医学の枠に属さない伝統医学を総称して東洋医学と一般的には言っています。

 

主なものとしては、アーユルヴェーダで知られるインド系の医学、ギリシア医学を母体として発展したユナニ医学、そして漢方薬などで知られる中国系の医学があります。

 

 

日本の中の東洋医学

古代中国で発祥した中国医学は、朝鮮半島から、日本や東アジア諸国に広がり、それぞれの土地で独自の発展をします。

 

日本では西洋医学が入ってくる前まで(明治維新の前まで)は、この東洋医学が主流な医学でした。

 

本来の東洋医学は、漢方薬と鍼灸がセットで行われる場合が多いですが、現在の日本は、医療制度の問題で、漢方薬は医師、鍼灸は鍼灸師が主に行うことになっています。

 

 

東洋医学の基本は「気」

 

「気」という言葉を使うと、どうしても摩訶不思議なパワーばかりに目が行ってしまいますが、東洋医学では、世の中全ての現象を「気」という言葉で表現します。

 

西洋医学は科学という視点・言葉で身体の変化を説明しますが、東洋医学は「気」という概念で身体の変化を説明するのです。

 

> 手を動かすという行為は、手に気がめぐったから動かすことができた。

 

> 足が冷える時は、足の気が足りなくなったから冷たく感じる。

 

「気」というのは、科学が発達する前に、世の中の現象を表現する方法として「気」という表現方法を使っただけなので、決して見えない不思議なパワーだけをさすものではありません。

 

この「気」という観点から人の身体、人の病気を診ることこそが、東洋医学の存在意義、そして強みであると私は考えています。

 

 

東洋医学はバランスの医学

東洋医学はよくバランスを重視すると言われます。

 

 

それは、病気が「気の偏り」から発生していると考えるからです。

 

例えば頭痛がする場合は、頭に気が集まり過ぎていると考えます。

 

その場合は足に治療することで、頭に集まった気を足の方に集めるのです。

 

そうすると、痛みを起こしていた頭が正常な状態に戻り、足になりなかった気が補われるので、身体のバランスが取れます。

 

身体のバランスが取れると、気のめぐりが良くなるので、悩んでいた頭痛だけでなく、他の症状(肩こりとか首の痛みなど)も一緒に治ってしまう場合があります。

 

 

病気が治る可能性が広がる

東洋医学は、先ほど書いた頭痛を足のツボで治すのもそうですが、肩こりを手のツボを使って治したり、腰痛をお腹のツボで治したりします。

 

「不思議ですね~」「面白いですね~」と患者さんからよく言われますが、東洋医学的には経絡(けいらく)という気が流れるルートがあって、そのルートを使って治療しているだけです。

 

 

そしてそれは人が「治る」可能性が広がることを意味します。

 

西洋医学的視点で治療して治らなかった病気が、東洋医学的視点で治療すると治ることは多々あります。(もちろんその逆もしかりです)

 

同じ方向から見ても見えなかったものが、違う方向から見ると見えるものがあるのと一緒です。

 

1つの視点からでは治療できなかった病気が、別の視点から見ることで見えることは沢山あるのです。

 

それは病気が治る可能性が広がることを意味します。

 

 

自分に合った医学、自分の症状にあった医学

今まで慢性的な症状で治る気配のなかった症状が東洋医学で治る可能性があります。

 

逆に東洋医学でずっと治療して治らなかった病が、西洋医学で治る場合もあります。

 

人間は一人として同じ身体の状態の人は居ません。

 

自分に合った医学、自分の症状にあった医学をぜひ探してみて下さい。

 

そうすれば、症状は必ず良くなっていきます。

 

 

■■―――――――――――――――――――――――――
免疫力をUPして10年後も20年後も元気で美しく活躍するためのエイジングケアを提供する
表参道鍼灸マッサージ治療室 自然なからだ
電話番号 03-6419-7213
住所 〒107-0062 東京都港区南青山6-12-11 YUKEN南青山302
営業時間 火曜日~金曜日 11時~19時
(最終受付18時)土曜日 10時~18時(最終受付17時)
定休日 日曜日、月曜日、祝祭日
―――――――――――――――――――――――――■■

TOP