ツボとツボを繋ぐ経絡(けいらく)|南青山でストレスケア

表参道鍼灸マッサージ治療室 自然なからだは豊富なメニューが人気

03-6419-7213

〒107-0062 東京都港区南青山6-12-11 YUKEN南青山302

営業時間/火曜日~金曜日 11時~19時(最終受付18時)
土曜日 10時~18時(最終受付17時)
 定休日/日曜日、月曜日、祝祭日

ツボとツボを繋ぐ経絡(けいらく)|南青山でストレスケア

自然なからだのブログ,東洋医学で毎日健やか

2020/11/14 ツボとツボを繋ぐ経絡(けいらく)|南青山でストレスケア

スタッフの城戸です。

 

最近「経絡ヨガ」とか「経絡マッサージ」という名前をネット上でみかける時があります。

 

この「経絡」っていったい何なんでしょうか?

 

経絡は気の通り道

経絡は、からだの中を巡る目に見えないエネルギー(気)が通る道です。

 

経絡は「経脈」と「絡脈」という道を総称した名前です。

 

この経絡上には、ツボがあります。

 

内臓の不調はツボに現れる

経絡で繋がる内臓(臓腑)や器官などに不調があると、ツボに反応が現れてきます。

 

 

逆にその反応があるツボを刺激すると、経絡を伝って不調がある部位に影響し、不調を改善すると考えられています。

 

胃の不調には足三里(あしさんり)

たとえば、胃に不調を感じているときに、「足の陽明胃経」というからだの前面を通る経絡上にある、足のツボ「足三里」というツボを刺激してみると、ツボの刺激が経絡を通じて胃の不調を整えていきます。

 

 

 

 

また、足三里周辺の筋肉の疲れをやわらげる効果も発揮します。

 

つまり、ツボは経絡を通じて、遠く離れたからだの部位やからだの内側の内臓(臓腑)や器官に働きかけるだけでなく、刺激した周辺部位の症状の緩和にも役立つものなのです。

 

東洋医学で考える内臓には、西洋医学で考える内臓の機能だけでなく、様々な機能を持っていると考えています。繋がっている内臓に様々な機能があるので、ツボにもそれぞれ様々な効果効能があるのです。

 

一つの例として、足三里の様々な効果については、以下のブログをご参照下さい。

 

東京表参道鍼灸|足の疲れや睡眠の質を良くする「足三里」

 

 

■■―――――――――――――――――――――――――
免疫力をUPして10年後も20年後も元気で美しく活躍するためのエイジングケアを提供する
表参道鍼灸マッサージ治療室 自然なからだ
電話番号 03-6419-7213
住所 〒107-0062 東京都港区南青山6-12-11 YUKEN南青山302
営業時間 火曜日~金曜日 11時~19時
(最終受付18時)土曜日 10時~18時(最終受付17時)
定休日 日曜日、月曜日、祝祭日
―――――――――――――――――――――――――■■

TOP