風邪をひきやすい立春|表参道で鍼灸マッサージ治療なら自然なからだ

表参道鍼灸マッサージ治療室 自然なからだは豊富なメニューが人気

03-6419-7213

〒107-0062 東京都港区南青山6-12-11 YUKEN南青山302

営業時間/火曜日~金曜日 11時~20時(最終受付19時)
土曜日 10時~19時(最終受付18時)
 定休日/日曜日、月曜日、祝祭日

風邪をひきやすい立春|表参道で鍼灸マッサージ治療なら自然なからだ

東洋医学で毎日健やか

2019/02/04 風邪をひきやすい立春|表参道で鍼灸マッサージ治療なら自然なからだ

表参道鍼灸マッサージ治療室自然なからだの、「東洋医学で毎日健やか」ブログです。

 

なるべく薬に頼らない自然なからだを目指す、表参道自然なからだの手塚です。

 

本日は立春です。

今年の立春は暖かいですね~。(東京は18℃という異常な気候です・・・。私は今ダウンジャケットを着てきてしまい・・・(涙))

 

立春は基本的にはまだ寒い季節です。

 

以前から、「こんな寒い日になんで“春”なんて言うんだろう」と思っていました。

 

でも暦の勉強と東洋医学の勉強をしてみて、初めて意味が分かりました。

 

東洋の思想では、陰と陽という考え方がります。

季節のお話しでいうところの陰陽は、簡単に言うと、陰は冷やす力、陽は温める力と思って下さい。

 

東洋思想に「陰、極(きわ)まれば、陽となる」という言葉があります。

陰(冷やす力)が一番強くなると、今度は陽(あたためる力)が出てくるよ、という意味です。

 

ですから、以前のブログ(冬の土用は体調にご注意を)で書いた一番寒い時期の終わりが昨日の節分(陰が極まった日)で、今日から陽(温める力)が出てくるよという意味なのです。

ですから「春になった!」という意味ではなく、「春に向かう第一日目」と思った方が良いですね。

 

陽(暖かさ)が0だったのが、1になったということです。

 

 

だから寒くて当然。「暦の上では春ですが、まだまだ寒いですね」と、よく天気予報などで言いますが、「暦の上で春に向かう初日ですから、温める力は弱いですから、まだまだ寒いですね」って言った方が良いってことです。

 

ただ、今年は異常に温かい・・・。

 

江戸時代の養生書『養生訓』には

「春は陽気が発生して皮膚が緩むので、冷たい風にやられやすくなる。風邪や咳の病にきをつけるべきだ。」(抜粋意訳)

と書かれています。

 

今まで寒くて縮こまっていた身体が、緩んで風邪をひきやすいですよという意味です。

多分今日の夜からまた寒くなってきます。

帰宅の時は、なるべく風に当たらないように、温かくしてお帰り下さい(^^)

 

 

■■―――――――――――――――――――――――――
自然派の治療、不妊症・自律神経失調・美容鍼灸に強い
表参道鍼灸マッサージ治療室 自然なからだ
電話番号 03-6419-7213
住所 〒107-0062 東京都港区南青山6-12-11 YUKEN南青山302
営業時間 火曜日~金曜日 11時~20時
(最終受付19時)土曜日 10時~19時(最終受付18時)
定休日 日曜日、月曜日、祝祭日
―――――――――――――――――――――――――■■

TOP