自律神経とは?|東京表参道鍼灸|自律神経を整えるブログ

表参道鍼灸マッサージ治療室 自然なからだは豊富なメニューが人気

03-6419-7213

〒107-0062 東京都港区南青山6-12-11 YUKEN南青山302

営業時間/火曜日~金曜日 11時~20時(最終受付19時)
土曜日 10時~19時(最終受付18時)
 定休日/日曜日、月曜日、祝祭日

自律神経とは?|東京表参道鍼灸|自律神経を整えるブログ

自律神経を整えるブログ

2019/04/25 自律神経とは?|東京表参道鍼灸|自律神経を整えるブログ

自律神経を整えるブログ。

 

こんにちは。からだつぼみです。

 

今回は、自律神経って何?という基本的なお話しをご紹介します。

 

「自律神経が乱れていて」とか「自律神経のせいかも」など、普段の会話に何気なく出てくる「自律神経」という言葉。

 

実際には詳しく知らない方が多いのではないでしょうか?

 

今日はスタッフの和田に自律神経について説明してもらいます。

 

 

なんとなく使う「自律神経」という言葉

副院長の和田です。

 

「自律神経」というと、なんとなく、体にとって大事な働きをしている、乱れると色々な不調が出てくる、というイメージは皆さんお持ちではないかと思います。

その通り、自律神経は、体中のあらゆる臓器や筋肉と繋がっていて、私たちの生命活動を支えています。

 

ですから、この自律神経が乱れた時に出る身体の症状は多岐に渡ります。

 

言い換えれば、整えることで体の不調のあらゆることを改善できる、といっても過言ではないくらい、体にとって重要な働きをしています。

 

大切だけど分かりづらい自律神経について、もっと身近でイメージしやすいように、東洋医学の視点を交えて考えてみたいと思います。

 

 

自律神経とは?

自律神経は交感神経と副交感神経の2つに分類されます。

 

この2つはスイッチのオンとオフの様に反対の性質を持っています。

 

そして体中にある臓器は、交感神経と副交感心の両方がつながっています。

 

活動的な時は交感神経が優位になり(スイッチオンの状態)

 

リラックスしている時は副交感神経が優位になります(オフの状態)。

 

この関係はシーソーに似ていて、どちらかの働きが強まると反対の神経の働きは弱まる、という様にバランスを取っています。

 

一日の中で考えてみましょう。

 

寝ている間、そして、朝目覚めてすぐのぼーっとしている時は、副交感神経優位の状態です。

 

そこから、朝の光を浴びて、動き出すうちに、だんだんと交感神経の働きが強まってきます。

 

体がリラックスモードから活動的になり、頭も動き出し、徐々にスイッチオンの状態になります。

 

日中に会社や家事など活動している時間帯は、交感神経優位の状態が続きます。

 

そして夕方になり、ちょっと疲れてきたかな、という頃には、今度は反対の副交感神経の働きが少しずつ強まってきて、夕食を食べたりお風呂で体をゆるめるうちに、どんどんリラックスモードになっていきます。

 

この時、夜遅くまで仕事をしたり考え事をして脳を休めることができず、スイッチがうまく切り替わらない場合は、寝ている間も夢が多かったり、疲れがとれづらくなります。

 

 

<東洋医学で考える自律神経>

この交感神経と副交感神経のバランスは、東洋医学の陰陽の考え方とぴったり一致します。

 

陽は活動的な状態で、陰はその反対で動きの少ない休息状態にあてはめることができます。

 

陰と陽はどちらかに偏りすぎないよう、常にお互いにバランスをとりながら変化していると考えます。

 

東洋医学は自然の要素や移り変わりをもとに考えられている医学です。

 

陽は太陽や昼間を表し、陰は月や夜を表します。

 

そこで先ほどの、一日の中での自律神経の移り変わりを思い出してみると、

 

朝は陰から陽に切り替わってだんだんと活動的になり、日中の太陽の高い時間にかけて陽の時間が続き、夕方になると今度は陰が強まってきて世界も静かに、体も休息状態に向かい、夜は陰の時間です。

 

交感神経と副交感神経の移り変わりと、ぴったり一致することがお分かりいただけると思います。

 

 

<自律神経の治療って何をするの?>

当院の鍼灸治療では、体全体のバランスを整えることを重視しますが、その時に意識するのがこの陰陽のバランスです。

 

鍼灸治療では、身体が弱っている部分を強めたり、逆に強くなりすぎている部分を抑えたりする方法があります。

 

例えば神経が過敏になって、いわゆる交感神経優位の時には、それを鎮めてくれるツボを使います。

 

そうすることで、身体の自律神経のバランスを整えてゆくのです。

 

筋肉のコリだけでなく、脈を診て体の状態に合ったツボを探し、内側から整えることで、内臓の調子も良くしていくことができます。

鍼灸治療が色々な不定愁訴に効果があると言われるのも、バランス調整によって体の働きが良くなることに理由があります。

 

なんだか体がだるい、スッキリしない、といったお悩みをお持ちの方は、ぜひご相談ください。

 

 

※当治療室には自律神経を整えることに特化したコースがあります。ご興味のある方は以下のリンクをクリックして下さい。

表参道の鍼灸院【表参道自然なからだ】
 

 

 

 

■■―――――――――――――――――――――――――
表参道鍼灸マッサージ治療室 自然なからだ
電話番号 03-6419-7213
住所 〒107-0062 東京都港区南青山6-12-11 YUKEN南青山302
営業時間 火曜日~金曜日 11時~20時
(最終受付19時)土曜日 10時~19時(最終受付18時)
定休日 日曜日、月曜日、祝祭日
―――――――――――――――――――――――――■■

TOP